情報通信制御システム工学コース

通信ネットワーク研究室

通信ネットワーク研究室

メンバー紹介

准教授/渡部康平

研究キーワード

  • 通信ネットワーク
  • IoT
  • インターネット
  • アルゴリズム

研究内容

我々の研究室の研究テーマは,その名の通り,通信ネットワークです.研究内容を簡単に言えば,インターネットを始めとするネットワークの品質を調べたり,改善したりする研究を手掛けています.

一説によれば,インターネットは人類史上,最も巨大で複雑なシステムであると言われており,この地球の裏側までつながるシステムを止まることなく制御することは非常に難しい課題です.巨大であるがゆえに,あちこちが故障したり渋滞が起こり,情報の伝達が遅れたり途中で情報が失われてしまうことがよくあります.また,台風のような災害により,一部の機器が壊れてしまうこともあります.

ネットワークを止めずに運用することはとても重要なことで,例えば,ロボットアームを使った遠隔手術や自動運転をネットワークを介して実現する場合,ネットワークの障害は生命に直結する問題です.我々の研究室では,このような問題を極力なくし,大規模でも決して止まらず,もし止まってもすぐに回復する,そんな通信インフラを作ることを目標にしています.

通信ネットワーク研究室
世界各国の郵便局までのネットワーク上の経路を可視化する実験

研究室の様子

通信ネットワーク研究室では,全体で集まり進捗を報告するゼミを除けば,固定の予定はほとんどありません.各学生は,教員に個別に進捗報告をすることになっていますが,報告はアポ無しで自由にスケジュールすることができます.コアタイムも設けていないため,アルバイトや就活など,様々な活動を研究と両立させることができます.

新人研修プログラムでは,複数人開発によるパックマン制作を経験し,新人同士の結束を強めることができます.研修用の教材も充実しているため,プログラミングやネットワークに関する知識に不安がある学生も安心して研究を進めることができます.

研究室のイベント(花火や花見,たこ焼きパーティーなど)も,専用の担当学生を設けて頻繁に開催しており,楽しい研究室ライフを送ることができます.また,本研究室では,研究以外のプロジェクトの企画を推奨しており,学生がIoTシステムやウェブアプリ,AIアプリケーションの開発など様々なチャレンジを報告してくれています.これらの経験は,就活やその後の社会活動にも活きるため,研究外プロジェクトは研究室の重要な活動の一部だと捉えています.

通信ネットワーク研究室
新人研修では新人たちが協力してパックマンを共同開発