電気エネルギーシステム・制御工学コース

パワーエレクトロニクス研究室

パワーエレクトロニクス研究室

メンバー紹介

教授/伊東淳一

研究キーワード

  • パワーエレクトロニクス
  • 電力変換器
  • 電気自動車
  • ワイヤレス電力伝送
  • モータ制御

研究内容

近年、より深刻となる地球温暖化や原子力発電の問題を解決する重要な鍵こそがパワーエレクトロニクス(パワエレ)技術です。パワエレとは電気エネルギーを効率よく使うための技術であり、太陽光、風力発電や自動車、家電製品などの幅広い分野に適用されています。現在もパワエレは進化を続けており、製品の省エネや小型化、新エネルギーの普及に貢献しています。

伊東研究室ではパワエレのコアテクノロジーである電力変換器(マトリックスコンバータ、インバータ、整流器、DC-DCコンバータ)やモータドライブ(誘導機、永久磁石モータ)、自然エネルギー(太陽光、風力)発電に注目したスマートグリッドやエネルギー貯蔵などの研究を行っています。また、最近注目を浴びている電気自動車のワイヤレス給電についても研究しており、世界の技術をリードしています。

パワーエレクトロニクス研究室
国際学会の発表風景

研究室の様子

伊東研では、研究も遊びも全力投球です。メリハリのある生活がいい研究成果を残すモットーでやっております。伊東研メンバーの一日について示します。頭がさえる午前中はシミュレーションや理論計算,理論検討などを行っています。午後からは実機の製作や実験やデータ整理などをこなしていきます。また,伊東研は豊富な知識をもった博士課程の学生が11人おり,積極的に質問しにいけば,どんどんアドバイスしてくれます。伊東研は基本的にコアタイムがありません。早く帰宅する人や引き続き作業をする人もいます。また研究室以外の活動として,伊東研学生みんなでスキー旅行や海水浴,BBQ,フットサルを研究室のみんなでやります。特に長岡花火は特等席で見ることができます。また,各イベントにはOBも時折参加し,現役とOBとのつながりも強い研究室です。

パワーエレクトロニクス研究室
フットサル大会の写真