情報通信制御システム工学コース

画像情報システム研究室

画像情報システム研究室

メンバー紹介

教授/岩橋政宏
助教/原川良介
技術職員/山浦賢太郎

研究キーワード

  • 信号処理
  • マルチメディア
  • 機械学習
  • AI(人工知能)

研究内容

本研究室では、CNNやGANなどの人工知能(AI)、信号処理の基礎理論、それらに基づく画像処理、映像の意味分析、ソーシャルメディアやデータマイニングに関する研究に取り組んでいます。画像処理に関する研究として、MPEGやJPEG等の国際標準など世界的な動向をにらみつつ、IoTやICTのためのディジタル画像・動画像のデータ圧縮 、情報通信・蓄積技術に注力しています。また、ロボットの制御に画像処理で得られた知見を利用する研究にも取り組んでおり、様々なセンサーに加えて高感度イメージセンサーを用いることで、より精度の高い動作をさせています。映像の意味分析に関する研究として、画像・音響・テキスト特徴等の異なる種類の特徴を統合的に解析可能とする多変量解析の技術を研究しています。さらに、ソーシャルメディアやデータマイニングの研究として、複雑ネットワーク理論に基づき、大量かつ多様なビッグデータ・コンテンツの中から、ユーザが望むコンテンツを獲得可能とする検索・推薦技術を研究しています。

画像情報システム研究室
自作ロボット

研究室の様子

私達の研究室では研究チームごとにゼミやディスカッションを行い、研究の進捗報告をして今後の活動計画を話し合います。それ以外の時間は自由で、自分のライフスタイルに合わせて研究することが出来ます。研究室に配属された頃は画像処理をやったことのない人がほとんどですが、専門知識が無くても研究室に入ってから必要な知識を身につけていくことが出来ます。必要であれば研究室の予算で参考書など買うことができ、自分のペースで勉強することができます。

ソフトボール大会やフットサル大会に積極的に参加し、何度も入賞しています。また、花見、長岡花火見物、研究室旅行、BBQ、鍋などのイベントも多くあり学生同士の仲がとても良いです。そのため、先輩・後輩の区別なく質問や相談をすることができます。留学生も数名在籍しており、日本語と英語の飛び交うグローバルな研究室です。

画像情報システム研究室
課外活動