情報通信制御システム工学コース

脳情報工学研究室

脳情報工学研究室

メンバー紹介

准教授/南部功夫

研究キーワード

  • 脳活動計測
  • 機械学習
  • ブレインコンピューターインターフェース
  • 筋活動計測
  • 運動制御
  • 仮想音源

研究内容

私たち人間の脳や神経系で行われている情報処理の解明のため、生体情報(脳活動・筋活動)の計測ならびにそのデータ解析技術(機械学習・信号処理など)を組み合わせた研究を行っています。また、人間の脳情報処理を活かした新しいインターフェースの実現を目指した基礎的な研究、特に脳活動から直接コンピュータや機械を制御するブレイン・コンピューター・インターフェースや、筋活動を用いて行動を支援するボディ・マシン・インターフェースについての研究を神経情報処理研究室(和田研)と合同で進めています。近年は、人間の身体運動制御・学習に関するテーマと、仮想音源を用いた聴覚に関するテーマの研究を主に実施しています。

脳情報工学研究室
実験風景

研究室の様子

研究室内では基本的に学生が自らスケジュールを立てて研究を進めています。週に1度は報告会があり、研究の進捗報告と教員との議論を行います。現在は神経情報処理研究室(和田研究室)と合同で研究やゼミ、イベントを行っています。つまり人数が2研究室分いるようなものなので、相談する相手も多く、充実した研究生活を送ることが出来ています。また学生の仲が非常に良く、一緒に買い物や食事へ行く姿が頻繁に見られます。

脳情報工学研究室
研究グループ概要