電子デバイス・フォトニクス工学コース

電子セラミックス研究室

電子セラミックス研究室

メンバー紹介

准教授/岡元智一郎

研究キーワード

  • 材料科学
  • ファインセラミックス
  • 薄膜材料
  • 電子デバイス
  • 発光デバイス
  • 超伝導デバイス
  • ガスセンサー

研究内容

電気を流したり、蓄えたり、また、発光したりする電子材料セラミックスに関する研究を行っています。酸化物高温超伝導セラミックスの線材に電流を流すと、線材の一部のみが赤熱する「ホットスポット現象」を見出し、この現象を応用して酸素センサ等、様々な電子デバイスの開発を行っています。また、セラミックス結晶成長法である「通電加熱法」を用いることにより、ワイドバンドギャップ半導体ナノ結晶やカーボンナノ材料の合成に成功するなど、世界でもここにしかない研究を行っています。

電子セラミックス研究室
電子材料セラミックスの合成プロセスの1つである金属酸化物の混合

研究室の様子

研究や講義に加え、研究ゼミや昼食会、学生だけで行う勉強会などを行っています。研究面では、それぞれが自分で研究テーマを考え、先生や先輩から激励されながら根気強く研究を行っています。また研究以外にも、スポーツ大会や飲み会、夏・冬のゼミ旅行など様々なイベントを行っています。文武両道を基本としているため、スポーツには特に力を入れており、先生を含め全員で年間順位を競い合っています。各イベントでの飲み会では、お酒を飲める人も飲めない人も楽しめる雰囲気作りをしています。本研究室では「研究・スポーツ・お酒」このどれか1つでも得意なものがあればだれでも主役になれます。

電子セラミックス研究室
ホットスポット式酸素センサーの評価