情報通信制御システム工学コース

画像・メディア工学研究室

画像・メディア工学研究室

メンバー紹介

教授/岩橋政宏
助教/原川良介
技術職員/山浦賢太郎

研究キーワード

  • 信号処理
  • マルチメディア
  • 機械学習
  • AI(人工知能)

研究内容

本研究室では、CNNやGANなどの人工知能(AI)、信号処理の基礎理論、それらに基づく画像処理、映像の意味分析、ソーシャルメディアやデータマイニングに関する研究に取り組んでいます。画像処理に関する研究として、MPEGやJPEG等の国際標準など世界的な動向をにらみつつ、IoTやICTのためのディジタル画像・動画像のデータ圧縮 、情報通信・蓄積技術に注力しています。また、ロボットの制御に画像処理で得られた知見を利用する研究にも取り組んでおり、様々なセンサーに加えて高感度イメージセンサーを用いることで、より精度の高い動作をさせています。映像の意味分析に関する研究として、画像・音響・テキスト特徴等の異なる種類の特徴を統合的に解析可能とする多変量解析の技術を研究しています。さらに、ソーシャルメディアやデータマイニングの研究として、複雑ネットワーク理論に基づき、大量かつ多様なビッグデータ・コンテンツの中から、ユーザが望むコンテンツを獲得可能とする検索・推薦技術を研究しています。

画像・メディア工学研究室
自作ロボット

研究室の様子

研究室に配属されると、先生方や先輩方の指導や豊富な参考書によって専門知識を身に着けることができます。研究室では週に2度ゼミを行い、研究のディスカッションやプレゼンテーションのトレーニングを行います。さらに、多くのメンバーが学会や論文を通じて、研究成果を積極的に国内外で発表しています。また、日常的なメンバー同士での外食、フットサル・ソフトボール大会、お花見、長岡花火、研究室旅行などのイベントが多くあり、メンバー同士の仲がとても良いです。

画像・メディア工学研究室
研究室旅行(草津温泉)